2010年08月16日

韓国コスメのご紹介(チーク)

今回は、韓国コスメの中でもチークを取り上げましょう。
日本人は、普段からしっかりメイクをするかたであればチークも必ずつけると思いますが、アイシャドーとリップだけというかたも少なくありません。
チークをつけることによって、見た目の輪郭を調整することも出来ますし、お肌の血色を良く見せることも出来ますので、ぜひつけることをお勧めしたいですね。
韓国コスメのチークは、とってもキュートなものがいっぱいです。
innis free(イニスフリー)のローズマーブリングブラッシャーというチークは、その名前のとおり、見た目がバラの花のような形になっており、チークのカラーもミックスされているので、とても素敵ですよ。
実際にお肌につけたときには、多量に含まれている微細なパール粒子が密着して、自然な輝きとツヤ、なめらかさを演出してくれます。
ETUDE HOUSE(エチュードハウス)のピーチビームブラッシャーは、血色の良い幸福顔になれるチークとして人気です。
ハイライトカラーとの2色になっているので、誰でも簡単に立体的なメイクが可能です。
パールもたっぷりなのできらきらと華やかな感じになり、お勧めですよ。
PALGANTONG(パルガントン)のチークスタンプも、とても可愛らしい入れ物に入ったチークです。
ラメの具合が上品でギラギラしすぎないため、生き生きとした表情を演出してくれます。
カラーも6種類ありますから、きっと似合うカラーがあると思います。
お肌を健康的に見せてくれるチーク、ぜひあなたも今日から挑戦してみませんか。
posted by かんこ at 09:38 | TrackBack(0) | 韓国コスメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。